神武夏子公式ホームページ
Kotake Natsuko's MusicLogDiscographyspecialcontactリンク
Official Blog

2018年の活動記録

❖2/15 第27回神武夏子ピアノリサイタル『古事記を奏でる 上巻中巻下巻』

※イメージをクリックするとPDFでダウンロードできます。

主催:ミモザ/後援: ナチュラルスピリット ・ YAMAHA銀座店
※お問い合わせ・チケット申込み:ムジカキアラ Tel:03-6431-8186(月~金10時~18時)/オンラインフォーム

古事記は日本神話と歴史のまほろば、神武のピアノと言葉が夢幻的に紡ぐ。

古事記に興味はあるが、とっかかりで迷っている人がいたなら、神武夏子のピアノが、天の岩戸を開いてくれるはずだ。

 

小中陽太郎(作家)

コンサートにあたって

「古事記って、下巻があるの?」あります、ほとんど知られていませんが。そしてよく聞くのが「古事記は尻つぼみだからなあ」。いえ、有名な話はなくとも、嫉妬に狂う大后や天皇の位を争う権力闘争、禁断の恋など、多くの歌で綴られる人間っぽいお話が描かれています。

ところで今回のホール、すみだトリフォニーホールの近くには、ヤマトタケルノ命との関係がある吾嬬神社があります。ヤマトタケルノ命の東征で、相模から上総に渡ろうとした時、荒波が行く手を阻みました。これを后のオトタチバナヒメノミコトが海に身を投じて、神をなだめ鎮めたのです。そのオトタチバナ姫の衣服がこの地の磯に流れ着いたので、ヤマトタケルノ命がこれを築山に納めて、吾嬬大権現として祀ったのが始まりと言われています。古事記に縁のある地で、「古事記を奏でる」を演奏出来ることは嬉しい限りです。

 

神武夏子

プログラム

第1部 上巻中巻より

  • 天地創造
  • 神武夏子、齊藤歩作曲
  • 祝詞
  • 神武夏子作曲
  • 神武天皇
  • 齊藤 歩作曲
  • サホ姫
  • 齊藤歩作曲
  • ヤマトタケルノ命
  • 神武夏子作曲
  • オトタチバナ姫
  • 神武夏子作曲
  • 望郷の歌
  • 神武夏子作曲
  • ナカツマキ
  • 神武夏子作曲
    齊藤 歩編曲


    第2部 下巻より

  • 仁徳天皇
  • 神武夏子作曲
  • 枯野の歌
  • 神武夏子作曲
  • 軽の兄妹
  • 齊藤 歩作曲
  • 流罪された軽
  • 神武夏子作曲
  • 赤猪子の歌
  • 齊藤歩作曲
  • 葛城山
  • 齊藤歩作曲
  • 二人の少年の舞
  • 神武夏子作曲
  • 天語歌
  • 齊藤歩作曲
  • エンディング
  • 神武夏子、齊藤歩作曲
    (変更あり)

    プロフィール

    神武夏子(ピアニスト・作曲家・朗読家)

    武蔵野音楽大学音楽学部ピアノ科卒業。フランス留学後、エリック・サティと「フランス6人組」の音楽を、リサイタルを中心に、サロン・コンサート、NHK−FM「名曲リサイタル」出演など、さまざまなかたちで紹介している。また、詩人藤富保男氏とピアノと詩の朗読による「詩を奏でる」を各地で公演。2012年以降、「古事記」をテーマにして、音楽と語りによる独自の世界を企画・プロデュースし、自ら表現する活動をしている。日本ペンクラブ会員。2002年、CD「café des six」、2006年、CD「café Poulenc」、2015年、著書「古事記を奏でるCDブック上巻」、CD「聖なるものへの讃歌」、2016年、著書「古事記を奏でるCDブック中巻」を発表。

    齊藤歩(フルーティスト、サウンドクリエイター)

    国立音楽大学付属高等学校を経て、国立音楽大学フルート専攻を首席で卒業。国立音楽大学卒業演奏会、読売新人演奏会に出演。第5回日本アンサンブルコンクール室内楽部門、優秀演奏者賞受賞。2000年、2005年、2009年にモーツァルト青少年管弦楽団首席奏者としてオーストリア公演に参加。日本モーツァルト青少年管弦楽団、モーツァルト・カンマー・オーケストラ首席フルート奏者。現在はExtasyBoxのフルート奏者として活躍。またDTMによる楽曲製作など幅広く活動中。

    ❖1/1 『Monthly とーぶ』2018年1月号にインタビュー記事が掲載されました。

    東武鉄道の広報誌『Monthly とーぶ』2018年1月号に「古事記を奏でるピアニスト」としてインタビュー記事が掲載されました。

    記事はこちらからダウンロードできます。

    return